オフィス用品 電化消耗品

現在、電化製品を置いていない場所というのは見つける方が難しいでしょう。家に帰ると当然、テレビや冷蔵庫などの電化製品が所狭しと並べられていますし、外ににでても該当や、様々なネオンが町を照らし、その中で私たちは携帯電話を使って会話をします。現代は電化製品なしでは暮らしていけないほどになってしまっているのですね。当然オフィスにも様々な電化製品があり、それを維持するためには、様々な電化消耗品をを定期的に買う必要が出てきます。

電化消耗品の代表的な物が電池でしょう。コンセントから電源を取るものが多くなってきてはいますが、それでも電源コードを必要としないワイヤレスのオフィス用品などはどうしても電池から電源を供給しなくてはなりません。そのためいつ電池が切れても良いように、予備の電池を常に常備している必要があるのです。他にも蛍光灯の変えであったり、電球が必要な場合もあるでしょう。電化消耗品はオフィスとってなくてはならないオフィス用品といえるのです。ここではこのような電化製品に必要になる消耗品について解説していきます。

電池の重要性

一口に電池といっても色々な種類があるのを皆さんもご存じだと思います。様々な電化製品がワイヤレスになる中で電池の必要とされる率は昔よりも上がっているということが出来るでしょう。例えば、近年最大の発明とされている携帯電話も中に入っている充電池によって動いているのは有名な話ですし、最近ではゲーム機のコントローラーなどもワイヤレス化されており、この技術にも乾電池は使われています。さらにデジカメの普及などによってカメラにも電池のいる時代になってきています。これからも様々な物がワイヤレスになっていくことが予想されますので、電池の需要はこれまでよりも上がることが予想されています。

その電池の中でも、現在最も普及しているのがアルカリ電池でしょう。従来までの赤と黒の色でおなじみのマンガン電池よりもパワーがあり長持ちするこの電池はコンビニやスーパーなどにいけば直ぐに買うことが出来るほど普及しています。そのため、必要となったときにすぐにでも入手でき使うことが出来る最も汎用性のある電池と言うことがいえるでしょう。また、電気店に行けば様々なメーカーのアルカリ電池を見ることができ、さらに大量のセット販売もしていることから、大量に買い込むことが基本のオフィス用品としても優れているといえると思います。また、保存期間が長くほおって置いても5年間は電力がもつため、緊急時のストックとしておいておくのにも優れています。

電灯は蛍光灯が良い

普通オフィスではトイレなど狭い空間以外では蛍光灯を使用していることが多いと思います。これにはちゃんと理由があり、まず蛍光灯の方が白熱灯よりも明るく、目に優しいため、そして次に白熱灯に比べ消費電力が低いためコストを抑えられるのです。さらに、白熱灯は比較的早い段階で寿命が来てしまうため使いづらく交換も頻繁になるため労力がかかりますが、蛍光灯は長持ちするため、そのような手間があまりかからないという理由もあります。

蛍光灯は様々な長さがありますが、規格は統一されているため切れて付かなくなってしまった場合でも、電気屋さんや汎用性があるものならスーパーやコンビニなどでも換えの電灯を購入することが出来るため、緊急時などでも比較的対応がしやすいという利点もあります。これまでの蛍光灯は、スターターと呼ばれる電灯管が電灯とは別に必要な物が多かったのですが最近では、ラピッドスターターという電灯管が必要ないタイプの商品が主流になりつつあります。ちなみに、電灯管を必要とするものをグロースターターといいます。

pickup


チームイエスとは