オフィス用品 PC用品2

インターネット関係のオフィス用品

インターネットの普及によって今やどのオフィスにもインターネットが引かれ取引先とメールのやり取りで仕事の調整をしたりとうことも常識となっています。コンピュータの普及もそうですが、今やビジネスの世界に置いてインターネットはなくてはならない存在となっています。このインターネットを会社内で使えるようにするために、知識や技術のある担当者を置いて管理している企業がほとんどだと思いますが、そのような難しい設定はその人たちに任せておくことにして、ここではインターネットをつなぐために必要なケーブルや、ちょっとした機器の解説をしていこうと思います。

昔のインターネットはまだ回線があまり普及していない事もあって電話回線を利用したサービスでした。この時代はインターネットの普及率もそんなに高くなく、PCのスペックもさほど高くなかったため、電話回線のような遅い回線でも十分事足りていました。ですが、技術の進歩とインターネットの普及によって回線はどんどん高速になっていき、最近では、動画などの大容量ファイルの通信も簡単に出来るようになってきています。昔は電話回線につなげてダイヤルしてつなげていた回線も、ADSLや光ファイバーの技術によって太くなりさらに常時接続が可能となったため、1つの回線から複数の回線につないで分け与えるという方式もとれるようになりました。現在、オフィスなどでは大本の回線を1つのオフィスで分割して使っている事がほとんどで、その回線をつなげる役割を果たしているのがLANケーブルということになります。

このLANケーブルは、本当に単純に分かりやすく言うとインターネットのコンセントの様なものです。会社なら会社、1つのオフィスならオフィスに必ず元となる電源のような回線があり、そこからたこ足回線のように伸びているケーブルをつなげることによってインターネットに繋がるという感じです。難しい設定などはその電源部分に施されているため、私たちは何の設定もすることなく、LANケーブルをつなげるだけでインターネットにアクセス出来るというわけです。

マウスの選び方

さて難しい話はこれぐらいにして、次はマウスの選び方について、解説します。PC用品専門店や電気屋さんに行くととても多くのマウスが発売されていることが分かります。最近は従来の中にボールが入っている物はほとんどなくなって来ており、光学式という光で関知する方式が増えてきました。私の用に昔からPCを使っている者にとっては少し寂しい気がしますがこれも時代の流れなのでしょう。光学式の場合は、マウスパッドが必要なく接地面が平らであれば大抵の場合はポインタを動かすことができますし、従来のボール式のようにマウスの中が汚れて感度が悪くなるということもありません。

最近は、様々なデザインのマウスが発売されており、変わった物だと木彫りの高級感漂うや、卵の形をしているかわいらしい物まで普段使うオフィス用品なのでファッション性を重視したものも数多くあります。また、機能面でも色々と種類があり、ワイヤレスのものや、様々なボタンが付いている物まで、かなりの種類が出ています。オフィス用品として一番良いのは機能性なので、感度が良く手にフィットする物を選ぶのがよいでしょう。子供向けの小さいマウスなども発売されています。

Favorite

定期購入システムを検討する